ビジネスコミュニケーションに不可欠な電子メールの課題として、大容量のファイルを日常的にやりとりする機会は、ますます増える傾向にあります。しかし、電子メールでのファイルの授受には、誤送信をはじめ、第三者による盗聴やなりすましなど、多くの危険が潜んでいることも事実です。また、添付ファイルサイズの制限による未達など、確実性などの点で、必ずしも万能ではないことも明らかです。

しかし、より安全かつ確実なコミュニケーション環境を構築するとなると、膨大な費用がかかるだけでなく、セキュリティの強化と引き替えに、肝心の利便性が犠牲になることも少なくありません。これでは本末転倒です。増え続ける電子ファイルのやり取りに対応し、企業間、チーム間のコラボレーションを支えるためにも、ユーザ目線で設計されたセキュアなファイル交換の手法が求められています。

ファイル送受信における課題

  • ファイルサイズの制限により電子ファイルを送受信できない
  • 機密情報のやり取りが多く情報漏えいが心配である
  • セキュリティが担保されていない無料サービスには抵抗がある
  • メディアでの受け渡しに切り替えたら重要データを紛失された
  • ユーザに暗号化やウイルスチェックを徹底させるのは難しい
  • システム管理者が社員からの問い合わせ対応に追われている

クリプト便 概要

クリプト便は、インターネットを介した電子ファイルのやり取りを、情報セキュリティベンダであるNRIセキュアの高度なセキュリティ技術によって、安全かつ確実に実現するクラウド型ファイル交換サービスです。

ファイルの送受信に必要なのは、Webブラウザとインターネットに接続できる環境だけ。しかも、利用者が暗号化やウイルスチェックを意識する必要はありません。NRIセキュアが提供する強固なセキュリティ機能の組み合わせで、送信者-受信者間のセキュアなファイル転送を実現します。

ユーザ間ファイル転送市場で国内シェア No1!(2016年度実績)

クリプト便のご利用形態

クリプト便のご利用形態には3つのパターンがあります

CASE1 クローズド送信 特定の固定された相手と重要・機密文書をやり取り(宛先固定) CASE2 オープン送信 全社でのメール添付、USBメモリ・CD-ROM等の授受の代替手段(宛先任意) CASE3 自動集配信 APIを利用して、自社システムから直接文書送付

セキュリティ

情報セキュリティのプロだから実現できる堅牢性

クリプト便の大きな強みは、情報セキュリティベンダであるNRIセキュアが提供するサービスである点です。クリプト便は第三者機関によるセキュリティ格付けで高い評価を受けており、セキュリティの専門家だからこそ実現できる安心・安全のセキュアファイル転送サービスです。

・国内大手ISP複数社とそれぞれ1Gbpsで接続された高信頼マルチホームインターネットバックボーンに接続し、プロバイダ障害時にも継続してサービスの利用が可能
・多段ファイアウォールとIDSによる不正侵入対策を実施
・ファイル送受信時にウイルスチェックを実施
・通信の暗号化とファイルの暗号化により機密性を向上
・クリプト便システムへのアクセス管理・制御・監査を徹底
・NRIセキュアのプロフェッショナルチームがシステムのセキュリティ診断を実施

クラウド(ASP/Saas)サービスとして初めて国内最高のセキュリティ格付けAAAisを取得

株式会社アイ・エス・レーティングが格付けする情報セキュリティ格付け。企業や組織が取り扱う技術情報、営業機密、個人情報などの情報について、漏えい、改ざん、サービス停止などの事故が起きないかどうか、そのセキュリティ水準を示す指標で、AAAを最高とする17段階の符号で評価されます。

AAA取得のための要件
【符号の定義】リスク耐性は極めて高く、多くの優れた要素がある
【要件1】新たな脅威に迅速に対応し、常時、高水準の管理状態を維持、発展させている。
【要件2】常時、リスクをモニタリングし、即時に柔軟な対応ができる

各種ポリシーの設定が可能


ログインパスワード、ユーザがファイルを送信する際に設定するファイルパスワードのポリシーを任意に設定することができます。また送信ファイルの拡張子制限やユーザのログイン接続元制限(グローバルIPアドレス制限)も可能です。これらポリシー設定を組み合わせることで、お客様独自のセキュリティポリシーに合わせた柔軟な運用が可能です。

ログインパスワード設定
    複雑性、最低/最大文字数、パスワード世代管理、パスワードロック回数、パスワード有効期限
ファイルパスワード設定
    複雑性、最低/最大文字数、パスワードロック回数
拡張子制限設定 ユーザが送信できるファイルを拡張子で制限可能
グローバルIPアドレス制御 事務所外(自宅など)からのアクセスを制限することが可能

徹底したユーザ間のアクセスコントロールの実現

クリプト便ではユーザが送信可能な宛先をメールアドレス、ドメインで制限可能です。
さらに、ユーザ属性(社内ユーザ/社外ユーザ)のグループ毎の設定による送信先管理も行うことができます。異なるグループ間での送受信が不可能なだけでなく、同一グループ内に社外ユーザが混在しているようなケースでも、社外ユーザ同士の送受信は不可能なため、意図しない他社へ情報が漏れる心配がありません。管理者はグループごとにユーザを作成するのではなく、ユーザを作成した後でグループに所属させるため、お客様の組織やプロジェクトなどに応じた柔軟な利用環境の設定が可能です。

メールによくありがちな誤送信の防止

クリプト便は、あらかじめ送信先を制限することで、まったく関係のない人に誤ってファイルを送信してしまうことを防止します。また、もし誤ってファイルを送信してしまっても、送信先がダウンロードする前であれば、送信キャンセルが可能です。これにより、誤送信を最小限に防ぐことができます。また取消をする際、ファイルの取得状況も確認が可能です。

ログ取得により監査にも対応

[ユーザ送受信ログ取得]

ファイル交換のセキュリティにとって、徹底したログ管理は最低限の要件と言えます。クリプト便では、いつ・だれが・どこに・何を送ったかなどといった送受信ログがすべて保管され、管理者は必要に応じて閲覧することができます。検索履歴のダウンロードにも対応しているので、お客様が確認したい情報を確認することも可能です。また、保管ログだけではなく、送ったファイルのアーカイブにも対応しているので、詳細まで確認することも可能です。

[管理者操作ログ取得]

内部統制への対応においては、厳密な権限分離が求められます。クリプト便なら管理者設定時に業務に合わせて適切な権限を付与することができます。またその管理者がどの作業をしたか、管理者操作の取得も可能なので、ユーザだけでなく管理者も含めた統制が可能です。

オプション

大きなサイズのファイルを送りたい場合 大容量送付オプション

1回の送信で最大2GBの大容量ファイルの送受信を実現します。

送る前にダブルチェックを徹底させたい 承認機能(上長承認、事後確認)

上長や第三者が、送信内容を事前に承認したり、送信後の監査ができます。

管理者操作ログ取得オプション

管理者の画面操作ログを取得します。

送受信ログ延長保存

ポリシーに合わせログ保存の延長。管理者のログ閲覧期間を延長します。

送信ファイルアーカイブ

管理者画面からユーザが送信されたファイルを確認することができます。

ファイルを自動送受信したい場合 オートパイロットオプション
<詳細はこちら>

オートパイロットオプションは、お客さまの業務システムが出力したファイルをクリプト便で自動送受信するCLIアプリケーションを提供しています。あらかじめ指定したフォルダ内にあるファイルを宛先に自動送信することで、Webブラウザを立ち上げてクリプト便にログインすることなくファイルを送信できます。また、相手先から受信したファイルを自動的にフォルダ内に配置することもできます。Webブラウザでファイルを送信する場合と比べ、ユーザ操作の手間が省け、コスト削減や誤送信対策に役立ちます。

シングルサインオン利用負荷を軽減 認証連携機能

認証連携機能オプションをご利用いただくことで、社内IDを使ったシングルサインオン環境への統合を行い、個別のシステムごとにID/パスワードを管理するといった運用負荷の低減を実現できます。SAML2.0に対応したシングルサインオン環境を導入されている企業様なら、社内で利用しているLDAPやActiveDirectory等で管理されているアカウントとパスワードを用いて、クリプト便の利用が可能になります。

料金表

初期費用月額費用 (目安)オプション
エントリプラン 20,000円 20,000円
・20ユーザ
・100通/月
別途お問い合わせください
・大容量送付
・送信ログ延長保存
・管理者操作ログ取得
・承認機能
・オートパイロット
・認証連携
・ユーザID連携
ライトプラン 100,000円 50,000円
・50ユーザ
・400通/月
スタンダード 90,000円
・100ユーザ
・1,000通/月

・100ユーザ超の大規模利用については、個別お見積りさせていただいております。弊社営業担当にご相談下さい。
・お申し込み頂いたオプションにより、別途追加料金が掛かる場合がございます。

※表記金額は税別料金です。消費税が別途加算されます。

無料試用のお申込み

クリプト便は一ヶ月無料試用いただけます。ご希望の方は、使用許諾条項にご同意いただいた上でお申込みください。

パンフレット

オプション

導入事例