ファイル暗号化・追跡ソリューション

FinalCode

finalcode

社外とファイルを共有するときに、
閲覧のみで渡したり、あとから削除も可能です

FinalCodeとは

海外拠点や協力会社、委託先など"社外"に情報を渡す機会が増えています。
サイバー攻撃などの脅威が増すなか、いくら自社が情報漏洩対策をしていたとしても、渡した相手先から漏洩する可能性があります。
万が一、ファイルが流出してしまった場合でも、機密情報の流出、さらなる拡散も避けたいものです。

FinalCodeは、SaaS型IRM 製品で市場シェア 78.4%を占めるデファクトスタンダード製品です。サーバー構築が不要で、すぐに導入することができるため、業界・企業規模を問わず、広く採用されています。

FinalCodeは、機密情報の入ったファイルを暗号化し、ファイル閲覧者の権限設定、ファイル編集の制御、ファイル閲覧履歴の記録(IRM:Information Rights Management)、ファイルのリモート削除が可能なファイルセキュリティソリューションです。
"もしも"の際の情報流出を回避し、機密情報を確実に守ります。

finalcode_fig01

特徴

受信ユーザーは専用ソフトのインストールは不要

暗号化されたファイルは、HTML形式で作成されブラウザで閲覧できます。そのため、受信ユーザーは、専用ソフトをインストールする必要はありません。

パスワードなしでファイルの開封が可能

ファイルの開封は、閲覧権限があればいつも通りファイルをダブルクリックするだけで可能です。

新たな操作を覚える必要なし

ファイルはいつものofficeソフトなどで作業が可能、新たな操作を覚える必要はありません。

簡単なユーザー認証

利用開始時に一度メールで初期認証を実施、それ以降パスワードの入力は必要ありません。

利用ケース

社外企業による間接的な情報漏洩

取引先企業や、1次請企業、2次請企業など委託先へ渡る知的財産について、データの利用状況を追跡し、ファイルの削除等適切な対処を行い間接的な情報漏洩を防ぎます。

退職者や社員の不正による情報漏洩

退職者による顧客データや提案資料などの機密情報漏洩や、人事異動で転出した社員が、異動後も旧組織のドキュメントを参照することを防止します。

マルウェア等による情報漏洩

社内のファイルサーバ上の機密情報を自動で暗号化し、万が一、マルウェア等によって情報が外部に流出してしまっても、絶対に中身を確認できないようにします。