EN

セキュリティ用語解説

CSPM(Cloud Security Posture Management)

CSPMとは、クラウドセキュリティ態勢管理と訳されるソリューションのことです。クラウドインフラストラクチャのセキュリティリスク低減を目的とするもので、主な機能としてクラウドサービスの設定を継続的に評価することが挙げられます。セキュリティリスクとなり得る設定・状態を自動的に検出することで、セキュリティインシデントを未然に防ぐことが期待できます。また、設定を自動修復する機能を持つものもあります。

 

CSPMに相当する機能はクラウドサービスプロバイダ(CSP)自身も提供していますが、サードパーティ製のソリューションも多数あり、その多くは複数のクラウドサービスに対応しています。

 

 

新規CTA

 

CSPM製品活用セミナー ~クラウドの情報漏洩を引き起こす”設定ミス”をいかに無くすか~

アルファベット順で探す