EN

セキュリティ用語解説

シングルサインオン(SSO)

シングルサインオン(SSO)とは、一つのIDとパスワードで、社内システムや外部のクラウドサービスなど、利用している複数のWebサービスへのアクセスを可能にする仕組みのことです。サービスごとに異なるIDとパスワードを入力・管理する必要がなくなるため、ユーザーの利便性が向上します。Single Sign Onの頭文字を取って、「SSO」と表記されることもあります。
 
昨今のシングルサインオンが求められる背景として、Webサービスやクラウドサービスの普及があります。複数サービスのIDとパスワードの個々の管理が煩雑になり、更にパスワードの使い回しなどセキュリティリスクの面でも課題を抱えることから、シングルサインオンのような便利でセキュアな仕組みが求められるようになっています。

50音順で探す

アルファベット順で探す