EN

セキュリティ用語解説

デジタルワークプレイス

デジタルワークプレイスとは、テレワークやペーパーレス化を推進するためのオフィスITに加え、共創のためのコワーキングスペースやコラボレーションスペースなどを提供し、さらにはデータ分析技術を駆使して、生産性の向上を図り、業務を変革していく施策を指します。

従業員自らアイデアを出してイノベーションを起こしたり、働き方改革を実現したりするために、従業員の時間の余裕をつくり、いろいろなものに触れ、多様な人とコラボレーションできる職場環境を志向する企業が増えています。デジタルワークプレイスはこの環境づくりを支えるものです。

50音順で探す

アルファベット順で探す