EN

メールマガジン登録
お役立ち資料
お問い合わせ

セキュリティ用語解説

CSIRT(Computer Security Incident Response Team)

CSIRT(シーサート)は、サイバー攻撃をはじめとした情報セキュリティの事故に対応する、専門チームのことを指します。

 

セキュリティ事故が発生してしまった場合には、社内外での調整を行い、初期の事態収束化に対応します。組織横断の横の連携を図り、どこに事態報告すれば良いのか、技術的にどのような支援を受ければ良いのか、被害拡大防止のために何をすればよいかなど、迅速に状況判断が求められます。また、平時は予防の観点から、情報収集や社内の啓蒙活動を実施します。

 

製品に特化したPSIRT(Product Security Incident Response Team)や、デジタルサービスに特化したDSIRT(Digital service Security Incident Response Team)を設ける企業もあります。

企業におけるCSIRTの活動と組織間連携のイメージ

synthesis_csirt_fig2

50音順で探す

アルファベット順で探す

  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z