EN

メールマガジン登録
お役立ち資料
お問い合わせ

セキュリティ用語解説

OpenID Connect

サービス間で、利用者の同意に基づきID情報を流通するための標準仕様です。利用者がOpenID提供サイトに登録したID情報を使って、ほかのOpenID対応サイトにログインすることが可能になります。氏名、住所、カード番号といった属性情報を、本人の承認のもとにサイト間で連携することにより、利用者はこれまでサイトごとにバラバラに登録していたID情報を、一元管理できるようになります。

OpenID Connectの最新版は、2014年2月に発行されたOpenID Connect1.0です(2021年3月現在)。APIエコノミーやFintech、デジタルトランスフォーメーションの広がりにより、サービスやデータを繋いで新たな価値を創出したビジネスが増えてきています。そういった中で、APIを使ってユーザー情報を連携(ID連携)したい場合に使える技術として注目されています。

 

OpenIDを使ったID連携のイメージ

OpenID

50音順で探す

アルファベット順で探す

  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z