自社調査レポート

サイバーセキュリティ:傾向分析レポート2015

2015年07月

2014年度に提供した情報セキュリティ対策サービスを通じて得たデータから、「サイバーセキュリティ 傾向分析レポート 2015」をまとめました。

今年で11回目の発行となる本レポートでは、人に対する脅威として「標的型攻撃における役員の標的型メールの開封率は従業員の1.5倍にのぼる」こと、システムに対する脅威として「UDPリフレクションによるDDoS攻撃が広がりを見せている」こと、PCI DSSに対する分析として「クレジットカード取扱システムのうち外部からの攻撃に対してPCI DSS基準を満たしたシステムは3割にとどまる」ことなど、独自の調査・分析結果をまとめています。

※PCI DSS:Payment Card Industry Data Security Standard、クレジットカードを取り扱う事業者(加盟店、サービスプロバイダ)が、会員データの情報保護を目的に制定し、国際カードブランド5社が共同で設立したPCI SSCにより運用、管理されている国際的な情報セキュリティの基準

 

 

調査概要

NRIセキュアテクノロジーズが、2014年度(2014年4月1日~2015年3月31日)において、顧客に提供した以下の情報セキュリティ関連サービスから得られたデータを分析しました。また経年の傾向分析のために一部2013年度以前のデータも利用しています。

・マネージドセキュリティサービス(MSS)で管理する、セキュリティデバイスのログ分析
・セキュリティ診断サービスを提供した結果を分析
・Webサイト群探索棚卸サービスで提供する簡易なセキュリティチェックの結果を分析
・標的型メール攻撃シミュレーションの結果を分析

 

目次

・エグゼクティブサマリ
・2015 年度に向けて-サイバーセキュリティの新たなパラダイムシフト-
・ヒトに対する脅威
・システムに対する脅威
・システムマネジメント
・PCI DSS

 

cstar2015

 

 

※本資料の公開は終了いたしました。たくさんのダウンロードありがとうございました。

※過去のレポートをご希望の方は、恐れ入りますが、download@nri-secure.co.jpまでご連絡をお願いいたします。

※個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーにご同意の上、入力をお願いいたします。