あなたを取り巻くすべてが、ネットワークへつながろうとしています。コンピュータはもちろん、自動車や、家電、さらには電気・ガスなどの社会インフラも。もはやネットワークの一部だといえるでしょう。

ネットワークの拡大とともに、情報セキュリティの役割が、その重みを増しています。今や、情報を守ることは、企業や社会、さらに情報の先にいる人たちの日常を守ることなのです。

大切な情報を守るには、ITの専門知識も必要ですが、それだけ、にはおさまらないのがセキュリティの世界。

システムを使うヒトのことや、お客さまの経営戦略、さらには国際情勢まで。情報に関わるすべてが、セキュリティです。広く深いその世界は、第一線で活躍する人にすら、常に前人未踏への挑戦を求め続けます。

だから私たちは約束します。ここには、あなたの好奇心を満たす新たな出会いが必ずあることを。

今、理系か文系かということよりも、未知を恐れず飛び込む勇気こそが、私たちが必要としている才能です。

やりたいことは、まだわからない。けれど、夢中になれる仕事がしたいなら。セキュリティの最前線へ、ともに一歩を踏み出しましょう。

情報セキュリティで、守る、創る、育てる。

事業を知る 事業を知る

コンサルティング事業本部

セキュリティを守りながら、ビジネスファーストを実現

西村 隆廣

Takahiro Nishimura

サイバーコンサルティング部 部長

NRIでIT基盤に関わる仕事を担当した後、確定拠出年金の運営管理機関に出向。出向期間が終わり、NRIへ戻る際に「顧客のことをまだまだ知らないこと」を自分のキャリアにおける課題として考えていたところ、ちょうどNRIセキュアが顧客の課題と向き合うコンサルティング部隊を拡大するタイミングだったことが縁となり入社。

NRIでIT基盤に関わる仕事を担当した後、確定拠出年金の運営管理機関に出向。出向期間が終わり、NRIへ戻る際に「顧客のことをまだまだ知らないこと」を自分のキャリアにおける課題として考えていたところ、ちょうどNRIセキュアが顧客の課題と向き合うコンサルティング部隊を拡大するタイミングだったことが縁となり入社。

西村 隆廣

事業の概要

コンサルの対象が企業戦略や業務プロセスにまで拡大

コンサルティングとは、お客さまとの対話から得た情報を持ち帰って整理し、課題を見つけて資料にし、解決に結びつけることです。かつてセキュリティコンサルティングでは、セキュリティファーストを旗印に、とにかく堅牢であることが優先されていました。お客さまの事業や業務に関係なく、セキュリティだけに軸足を置いたコンサルティングが可能だった。ところが、IT技術が社会や産業に浸透し、セキュリティが必要な領域が拡大するなかで、今は全然違う状況になっています。セキュリティを守りつつ、ユーザーが使いやすく、収益にもつながるビジネスファーストをうまく実現していくために、私たちが取り組む領域は企業戦略や業務プロセスにまで広がってきています。

西村 隆廣 西村 隆廣

提供価値と強み

知識&技術レベルの高い人材による高付加価値サービス

NRIセキュアという会社は、有名なエバンジェリストが多く存在しているわけではないですが、全体的な知識や技術のレベルが高い人材がそろっています。層の厚さでいうと、業界内でもかなりのものだと思います。おかげで、我々コンサルタントだけで対応しきれない課題も、少し周りに聞けば解決し、顧客の要望にスピーディに応えることができます。
こうした人材力は、もちろん個々の努力の結果ですが、高い人材力の背景には、「面白い仕事が多く、モチベーションを高く持って仕事している」ということがあると考えられます。たとえば、NRIと共同で進めるプロジェクトや、NRIの名前を冠しているからこそ相談を持ちかけられるような大手企業の仕事には、向上心を刺激する要素が多く含まれます。

西村 隆廣 西村 隆廣

事業の展望

異分野の専門家とのより緻密な連携が求められている

IoTやFintech、そしてAPIエコノミーなど、どんな新サービスをつくろうとしても、セキュリティは必要不可欠な要素になっています。そうした中で戦略コンサルタントなど異分野の専門家と連携し、お互いの領域に踏み込みながら一緒に知恵を絞るケースが増えています。またセキュリティの特徴として、「グローバルである」ということが挙げられます。攻撃者に国境は関係ありません。当然、守る側も先進的で垣根のない対応が求められます。今後についていうと、セキュリティに関わるテクノロジーの進歩・発展は、より加速していくでしょう。私たちコンサルタント自身が、ディープな技術者である必要はありませんが、先端的な人材とつながり、その頭脳を活用できるだけの知識は持っていなくてはなりません。

西村 隆廣 西村 隆廣

活躍できる人材像

お客さまに興味を持ちながら、知識を増やし続けること

コンサルタントに求められる資質は、何といってもお客さまに興味を持てること。そうでないとお客さまの事業に置いていかれてしまいます。最近はお客さまもセキュリティの勉強をしていますから、時には、お客さまのほうが詳しかったりすることも。だけど、仕事を通してお客さまに追いつき、さらにそこから新しいことを勉強し、身に付ければ良いのです。そうすれば、次のお客さまと対峙するときには、はじめからその知識を持った、以前よりもレベルの高いコンサルタントとして仕事ができます。お客さまへの興味があれば、このように仕事を通してコンサルタントとしての幅と深さを広げていき、止まらない成長を遂げていくことができるのです。