PCI DSS関連支援および非保持化対応支援

サイバー攻撃や内部犯罪から、クレジットカードビジネスとカード会員を守る

インターネットの普及により国境を越えたネット決済が一般化するとともに、高度化・巧妙化したサイバー攻撃などによるクレジットカード被害が多発しています。
PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standards)は、加盟店やサービスプロバイダにおいて、クレジットカード会員データを安全に取り扱うことを目的として制定された、クレジットカード業界のセキュリティ基準です。国際カードブランド5社(American Express、Discover、JCB、MasterCard、VISA)が共同で設立したPCI SSC(Payment Card Industry Security Standards Council)によって運用、管理されています。
具体的・定量的にセキュリティポリシーが定義されているPCI DSSの遵守により、企業価値(信用、ブランド)の向上はもちろんのこと、ハッカーやクラッカー等による様々な不正アクセスからお客様のサイトを保護することが可能であり、改ざんや悪用、情報盗用などのリスクを低減します。
NRIセキュアでは、PCI DSSにおいてQSA、ASV、PFI、PA-QSA、P2PE QSA、3DS Assessorという国内最多となる6つの認定を取得しており、さまざまなサービスを提供しています。

LINEUP