ニュース

導入事例:住友生命保険相互会社
「クリプト便」の導入による誤送信対策での情報漏えいリスクを極小化
~生命保険会社の求めるセキュリティレベルを維持し、強固なセキュリティに守られた個人情報の効率的な受け渡しを実現~

2015年12月24日
NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社は、住友生命保険相互会社(以下、住友生命)がインターネットを介したセキュアなファイル転送サービス「クリプト便」の導入により、決められたユーザー同士のみでのファイル交換を実現する「クローズド送信機能」を活用した事例を公開しました。

これまで住友生命は、顧客企業との個人情報を含むさまざまな情報の受け渡しを、フロッピーディスクや光磁気ディスクなどの電子媒体を利用して行ってきました。本事例では、セキュリティや業務効率の観点から、金融機関や生命保険会社の厳しいセキュリティ要件を満たすクリプト便を活用した、誤送信対策での情報漏えいのリスクの極小化について紹介されています。

詳しくは以下をお読みください。
■クリプト便導入事例 住友生命保険相互会社様
https://www.nri-secure.co.jp/service/case/sumitomoseimei_hoken.html

お問い合わせ

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
TEL:03-6706-0622 E-mail:info@nri-secure.co.jp