EN

メールマガジン登録
資料ダウンロード
お問い合わせ

Zscaler Private Accessマネージドサービス

Zscaler-Logoゼロトラストモデルを実装し
安全で効率的なリモートアクセスを実現

           

クラウドサービスの導入等により、企業のネットワークは多様化しています。そのため、自社の情報資産が社内ネットワークの内側にあることを前提に作られた従来型のリモートアクセス方式では、安全で効率的なリモートアクセス環境を運用・維持することが非常に困難になっています。

Zscaler Private Access (ZPA) は、柔軟なスケーラビリティを持つクラウド型リモートアクセスソリューションです。自社の情報資産へのアクセスは全てZscaler社のクラウド環境を経由させることにより、端末を利用する場所にとらわれずアクセスを制御でき、ゼロトラストモデルを実装することが可能です。

Zscaler Private Accessマネージドサービスとは

NRIセキュアの専門家が、ZPAの導入・運用にあたります。数多くのお客さまへ安全で快適なインターネット接続サービスを提供してきた知見を活かし、日々のお問い合わせや障害に関するお問い合わせへの対応、さらには設定変更に関わる作業を実施し、お客さまの負担を大幅に軽減します。さらに、通信のログはNRIセキュアにて長期保存されるため、万が一問題が発生した際には、必要な調査を迅速・的確に行うことができます。

 

図:Zscaler Private Accessマネージドサービスの概要

ZPA-1

Zscaler Private Accessの特長

Point 1. 安全で効率的なアクセス制御

ZPAには、Zero Trust Network Access (ZTNA)という新たな接続方式が採用されています。ネットワーク境界に基づく社内・社外という概念に依存することなく、各ユーザと、そのユーザが利用権限を持つ情報資産に応じて動的にアクセス制御が行われます。ユーザのアクセスをネットワーク全体ではなく、業務上必要な情報資産だけに限ることで、これまで以上に安全なリモートアクセスを実現できます。

 

Point 2. 攻撃の起点となり得る領域の極小化

ZPAによるリモートアクセス方式では、ユーザ端末やお客さま環境からは、アウトバウンド通信のみ発生します。外部からの通信を待ち受けることがないため、攻撃の起点となり得る領域を小さくし、リモートアクセスに起因するセキュリティインシデントの発生リスクを下げることができます。また、専用のクライアントアプリやZscaler社のクラウド環境は定期的にアップデートが行われるため、緊急の脆弱性対応を含め、バージョンアップ作業が不要です。

Point 3. 柔軟なスケーラビリティの確保

リモートアクセスの需要が急増する昨今、急激なユーザ増加によるVPN機器の性能限界に悩まされる企業は少なくありません。ZPAは、ネットワーク機器の性能限界を意識することなく使用できるという、クラウドソリューションの特性を活かし、ユーザ数の急な増加にも迅速に対応できます。

 

 

Zscalerシリーズで実現する統合的なアクセス管理

クラウド型WebセキュリティソリューションであるZscaler Internet AccessZIA)を用いた「Zscaler Internet Accessマネージドサービス」と本サービスを組み合わせることで、インターネットアクセスにおけるセキュリティ対策と、安全で快適なリモートアクセスを統合的に支援することも可能です。なお、ZPAZIAは、同一のクライアントアプリを使用するため、ユーザ端末に導入するエージェントは1つに抑えることができます。

※Zscaler Internet Access マネージドサービスの詳細についてはこちら

 

図:Zscaler Private AccessとZscaler Internet Accessを利用したアクセスイメージ

ZPA-2

料金

お問い合わせください。

サービス約款

ファイアウォールネットワークセンター(FNC) サービス約款 (236.6KB)