Zscaler Internet Accessマネージドサービス

Zscaler-Logo[1]ロケーションやデバイスに制約されない

                     

Zscaler Internet Access(ZIA)は、URLフィルタをはじめ、アンチウイルスやコンテンツ検査、サンドボックスなど複数のセキュリティ機能を持ち、ロケーションやデバイスに制約されることなく、インターネットアクセスにおけるセキュリティ対策を統合的に実施・管理することが可能です。クラウドサービスの利用拡大が急速に進む中で、インターネットアクセス環境の性能が課題となる場合も、スケーラビリティが高いクラウド型のプラットフォームを利用するZIAなら性能を気にすることなく利用できます。

Zscaler Internet Accessマネージドサービスの概要

Zscaler Internet Accessマネージドサービスでは、マネージドセキュリティサービスの長年にわたる提供実績と豊富な経験を持つNRIセキュアの専門家が、ZIAの導入・運用にあたることで、インターネットアクセス環境における統合的なセキュリティ管理を支援します。数々のインターネットゲートウェイ製品を運用・管理してきたNRIセキュアだからこそ提供できる専門的なアドバイスやきめ細やかなアフターフォローによって、お客様の負担を大幅に軽減します。さらに、ZIAとNRIセキュアの「セキュリティログ監視サービス(NeoSOC)」と組み合わせることで、24時間365日の監視体制でセキュリティインシデントのさらなる早期発見と被害の局所化を実現します。

Zscaler Internet Accessマネージドサービスの概要図

Zscalerマネージドサービス 提供イメージ

Zscaler Internet Accessマネージドサービスの特長

1.複数のセキュリティ機能による多層防御

ZIAでは複数のセキュリティ機能を統合的に利用できるため、従来のように複数の製品を導入することなく多層防御を実現できます。


複数のセキュリティ機能による多層防御

 

2.クラウドサービス利用拡大にも安心のプラットフォーム

ZIAではスケーラビリティが高いクラウド型のプラットフォームを利用するため、クラウドサービス利用拡大に伴う通信量の増加が課題となる場合も、インターネットアクセス環境の性能を気にすることなく利用できます。

3.導入と管理・運用が容易

ZIAはトラフィックを転送するだけですぐに利用可能です。導入後は社内・社外関係無くセキュリティポリシーを一元管理でき、その利用状況もリアルタイムで可視化することができます。

4.高度なスキルを保有したITセキュリティアナリストによる監視

お客さまの環境に導入されたZIAのログは、セキュリティモニタリングやインシデントハンドリング、セキュリティに関する情報収集と発信を24時間365日体制で行う、セキュリティアナリストチームの「NCSIRT」が監視します。SANS GIAC等の高度セキュリティ資格を保有した、ITセキュリティアナリストが専任し、独自の観点からリアルタイムでの相関分析を行い、有事の緊急対応を可能としています。
NeoSOC-5
 
 

Zscalerシリーズで実現する統合的なアクセス管理

クラウド型リモートアクセスソリューションであるZscaler Private Access(ZPA)「Zscaler Private Accessマネージドサービス」と本サービスを組み合わせることで、インターネットアクセスにおけるセキュリティ対策と、安全で快適なリモートアクセスを統合的に支援することも可能です。なお、ZIAZPAは、同一のクライアントアプリを使用するため、ユーザ端末に導入するエージェントは1つに抑えることができます。

※Zscaler Private Accessマネージドサービスの詳細についてはこちら

Zscaler Internet AccessとZscaler Private Accessを利用したアクセスイメージ

ZPA-2

料金

個別お見積もり

サービス約款

ファイアウォールネットワークセンター(FNC) サービス約款 (236.6KB)