セキュリティ対策推進PMO

概要

セキュリティ変革を支える潤滑油

多層防御という概念が示す通り、情報セキュリティ対策の実態は、複合的な施策の同時並行推進にあります。
企業の情報セキュリティ変革を担うプロジェクトマネージャ(PM)は、様々な利害を調整し、阻害要因を取り除くミッションを持ちます。弊社は万能な潤滑油として、多様な角度からPMの対策推進を支援します。

特長

Point1:実践的な実行支援への強いこだわり

綺麗なだけで実践に繋がらないコンサルではなく、PMの施策実行に具体的に役立つノウハウ・アウトプットの提供にトコトンこだわります。

Point2:大局観に基づくプログラムマネジメント力

PMの目線に立ち、複合施策をプログラムとして束ね(not 単一施策目線)、全体整合性を有するセキュリティ変革の推進を支援します。

Point3:ステークホルダ間の利害調整

複合的なスキルを有するコンサルタントが潤滑油となる為、経営・ユーザ部門・IT部門等が抱える利害を咀嚼し、落とし所を見いだします。

サービスのご提供フロー

課題・テーマ設定(インタビュー)

インタビューを通して、PMが解を出すべき、課題・テーマを明確化

対策・優先度設定(仮説構築)

貴社現状(対策実態、利害関係者、阻害要因等)を把握し、対策・優先度等を策定

計画討議・適宜修正(実践力強化)

弊社が提示する計画案を用いて、PM並びに関係者と中身を討議し、計画の実現性を向上

実行・モニタリング

計画実行に必要なお膳立てを支援し、対策の導入中は進捗モニタリングし、改善点があれば、PMと共に対応

改善・変革の継続

計画に基づき、PDCAの観点でプログラム(複合的な施策)を実施

料金表

個別見積もりとなりますので、下記「お問い合わせ/資料請求」からお問い合わせ下さい。