EN

メールマガジン登録
お役立ち資料
お問い合わせ

ニュース

NRIセキュア、特権ID管理ソリューション「SecureCube Access Check」の統合ログ管理連携オプションを強化~ 新たに12種類のレポートテンプレートを提供開始 ~

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(以下「NRIセキュア」)は、特権ID[i]を用いた情報システムへのアクセスを管理するためのソリューション「SecureCube Access Check(セキュアキューブ アクセスチェック)」の「統合ログ管理連携オプション」を強化し、新たに追加した12種類のレポートテンプレートの提供を、本日開始します。

 

「統合ログ管理連携オプション」は、インフォサイエンス株式会社が提供する統合ログ管理製品「Logstorage(ログストレージ)」を「SecureCube Access Check」に連携させ、サーバ機器へのアクセスログを横断的に検索、分析、レポート出力できるオプションです。レポートテンプレートはすでに12種類あり、テンプレートをご利用いただくと、複雑な設定を行うことなく、レポートを迅速に出力できます。

新たに追加した12種類のテンプレートは、下表の通りです。これらをご利用いただくことにより、アクセス数が少ないユーザやノードを把握し、棚卸しの作業負荷が軽減できるほか、エラー出力が多いユーザや原因を分析することで、不正アクセスの早期発見と対処が容易になるなど、管理の効率化が期待できます。

 

表:新規追加した12種類のレポートテンプレート

承認者ごとの承認数

データ流入・流出量の推移

アクセス数が多いノードトップ10

アクセス数が少ないノードトップ10

アクセス数が多いユーザトップ10

アクセス数が少ないユーザトップ10

利用数が多いプロトコルトップ10

接続時間が長いユーザトップ10

エラー出力が多いユーザトップ10

エラー出力が多い原因トップ10

単位時間当たりのアクセス失敗が多いユーザと
その接続試行先

単位時間当たりのアクセス失敗が多い接続試行先
とそのユーザ

 

図:新規追加したテンプレートを利用したレポートの例20210813_news_AC_Logstorage機能強化

 

統合ログ管理連携オプションをご契約のお客さまであれば、追加費用なしで全てのテンプレートをご利用いただけます。同オプションの定価は、年額220万円(税込み242万円)からです。

NRIセキュアは今後も、企業・組織の情報セキュリティ対策を支援するさまざまな製品・サービスを提供し、グローバルな規模で安全・安心な情報システム環境と社会の実現に貢献していきます。

 

[i] 特権ID:
情報システムを利用する上であらゆる操作が可能な最高権限を持つIDです。

ご参考

  • 「SecureCube Access Check」について

IT統制とシステム運用の現場を知り尽くしたNRIセキュアが提供する、プロキシ型のアクセス制御・監査ツールです。重要システムに対するアクセス管理を実現するソリューションとして、金融業界など、ミッションクリティカルなシステム運用を行っているお客さまを中心に、多くの導入実績があります。

詳細は、以下のWebサイトをご覧ください。
https://www.nri-secure.co.jp/service/solution/accesscheck

 

  • インフォサイエンス株式会社の「Logstorage」について

サーバやネットワーク機器等、企業内のあらゆる情報システムから出力される大量のログデータを迅速・確実に収集し、内部統制・情報漏洩・情報セキュリティ対策・システム障害対応等、多様な目的にログデータを利用可能とする統合ログ管理システムです。

詳細は、以下のWebサイトをご覧ください。
https://logstorage.com/

 

ニュースに関するお問い合わせ

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 広報担当
E-mail:info@nri-secure.co.jp