ニュース

  • HOME
  • ニュース
  • NRIセキュア、電子ファイルを安全に交換する「クリプト便」サービスに、ファイル共有の事前承認機能を追加

NRIセキュア、電子ファイルを安全に交換する「クリプト便」サービスに、ファイル共有の事前承認機能を追加

2019年8月15日
NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(以下「NRIセキュア」)は、インターネットを介して安全に電子ファイルの交換を行うサービス「クリプト便」の「ファイル共有オプション」において、ファイル共有前の承認機能を新たに追加し、2019年8月6日に提供を開始しました。

「クリプト便」は、大容量のファイルや個人情報、機密情報などを、インターネット経由で安全にやり取りするためのクラウドサービスです。高度なセキュリティ技術によりその安全性が高く評価されており、厳しいセキュリティ水準を求める企業を中心に利用されています。

 

2018年11月から提供している「ファイル共有オプション」では、電子ファイルの交換による情報共有業務を「コラボレーション」「掲示」「回収」の3つの用途タイプに標準化し、それぞれ専用の画面構成と、セキュリティ確保の上で必要十分なアクセス権限を設定しています。これにより、ミスや不正を誘発しやすい特殊な権限設定を作りこめないようにできているため、利用者は安全を確保しつつ容易に使える点が好評を博してきました(図1)。

 

今回追加した機能は、利用者がファイルをアップロードして特定のメンバーと共有する前に、権限を持つ承認者がファイルの内容を確認できるものです(図2)。業務タイプのうち、「コラボレーション」「提示」の用途でファイルを共有する場合に、この機能が利用できます。承認されたファイルのみが対象メンバーに公開され、却下されたファイルについては、他のメンバーが閲覧・取得することはできません。

 

この機能により、アップロードのミスや悪意ある者による情報の持ち出しを最終段階で食い止め、より安全にファイルを共有できるようになります。

 

<ファイル共有に関連して、承認機能が有効性を発揮する場面の例>

・A社向けのフォルダに、B社向けのファイルを誤ってアップロードすることを阻止
・特定者以外の閲覧が禁止されている顧客リストを、担当者が知らずに関係者と共有してしまうことを防止
・悪意を持って、他社に情報漏洩する目的で機密ファイルをアップロードすることを回避

「クリプト便」サービスは、最小構成の「エントリプラン」で、初期費用が2万円、月額利用料が2万円から提供しています(いずれも税抜、以下も同じ)。「ファイル共有オプション」は、上記に加えて初期費用(10万円から)と、ストレージ容量に応じた月額利用料(1GBで2万円から)が必要となります。「エントリプラン」と「ファイル共有オプション」を利用し承認機能を追加する場合は、初期費用10万円と、月額利用料2万円でご利用いただけます。

 

「クリプト便」の「ファイル共有オプション」の詳細は、下記のWebサイトをご参照ください。

https://www.nri-secure.co.jp/service/solution/crypto_fileshare

 

NRIセキュアは、今後も企業・組織の情報セキュリティ対策を支援する様々な製品・サービスを提供し、安全な情報システム環境と社会の実現に貢献していきます。

ご参考

図1:3つの用途タイプ別に見た「クリプト便/ファイル共有オプション」の機能概要
 
news20190815_fig1
図2:「クリプト便/ファイル共有オプション」の承認フロー
 
news20190815_fig2
 
 
ニュースに関するお問い合わせ

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 広報担当
TEL:03-6706-0622 E-mail: info@nri-secure.co.jp