高速でセキュアなリモートアクセス・拠点間ネットワーク・インターネットアクセス 

CATO Cloud

高速でセキュアなリモートアクセス・拠点間ネットワーク・インターネットアクセスを実現するCATO Cloud

グローバル化、リモートワークの普及、BYOD(個人のデバイスの持ち込み)、クラウドサービスの導入などにより複雑かつ多様化する企業のネットワークを、 SD-WAN機能や、ファイアウォールなどのネットワークセキュリティ機能を兼ね備えた「CATO Cloud」に集約する事で、運用業務を効率化し、モバイルや外部拠点を含めたセキュリティポリシーの一括管理、回線コストの削減が可能になります。

CATO Cloud

 

特長

CATO Cloudは、SLAで保証されたグローバルバックボーン網とネットワークセキュリティ機能を提供します。世界中に配置されたPoP(アクセスポイント)へ拠点や端末を接続することで、高速・セキュアな拠点間通信やリモートアクセスを簡単・低コストに実現することができます。

高品質な拠点間通信・リモートアクセス

・インターネットアクセス回線さえあればすぐに接続可能
・SLA付きバックボーンによる高速なPoP間通信
・クラウドでの集中管理により拠点側での面倒なセットアップは不要(ゼロタッチプロビジョニング)

統一的・シンプルなインターネットセキュリティ

・各拠点・リモートアクセス端末のセキュリティポリシーを一括管理
・全ユーザの通信ログを一元的に管理

低コスト・高い柔軟性

・高いコストパフォーマンス
・IPSec VPNのような、拠点毎のVPN設定は不要

 

全世界に配置されたPoP(アクセスポイント)

 

 

NRIセキュアのCATO運用支援サービス

日々のお問い合わせから障害問い合わせ、世界中のアクセスポイントから収集したログの調査まで、ネットワークセキュリティの豊富な知識とマネージドセキュリティサービスの長年にわたる提供実績を持つNRIセキュアの専門家が「CATO Cloud」の運用を支援します。

さらに、「CATO Cloud」とNRIセキュアの「セキュリティログ監視サービス(NeoSOC)」と組み合わせることで、24時間365日の監視体制でセキュリティインシデントのさらなる早期発見と被害の局所化を実現します。

リアルタイムにネットワークの状況、攻撃の種類、他社とのイベント比較など、複数の条件に基づいたインシデント判断

 

24時間365日体制でセキュリティモニタリングやインシデントハンドリング及びセキュリティ情報の収集発信を行っているセキュリティアナリストチームであるNCSIRTがお客様環境の「CATO Cloud」のログを監視します。SANS GIAC等の高度セキュリティ資格を保有した、一定基準以上のスキルを保有するITセキュリティアナリストが専任し、独自の観点からリアルタイムでの相関分析を行い、有事の緊急対応を可能としています。

 

料金

別途、お問い合わせください。