セミナー・研修

機密文書漏えい対策セミナー
〜その文書、適切に情報漏洩対策できていますか?〜

[ セミナー番号:da01 ]

受付中

日時

2018年1月26日(金)
15:00〜17:20 (受付開始 14:30〜)

会場

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 本社
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビル19F 外部リンク

※エレベーターで直接19Fまでお越しいただき、案内板に従ってお進み下さい。

セミナー概要

近年、情報漏えいの問題がクローズアップされる中で様々なセキュリティ対策が登場しています。(暗号化、データの外部書き出し禁止、シンクライアント環境、操作ログ管理など)
しかし、それらの対策は有効に活用できているでしょうか。業務を考慮せずこれらの対策を一律に実施しても、非効率な運用となる可能性が高いです。

本セミナーでは、文書ファイルを一律のセキュリティ対策により管理するのではなく、文書ファイルの内容や利用業務レベルに応じた情報漏えい対策例を紹介致します。

■14:30 < 開場・受付開始 >
■15:00 〜 16:00 < 第一部 >

文書管理における文書情報漏えい対策の考え方とは

文書の権限管理において、参照権限があれば一般的にダウンロード、印刷も同時に可能です。
文書を参照のみさせたいユーザが存在しても、参照不可とするか、文書のあらゆる操作を可能とするかの二択しか取れず、セキュリティと利便性の両立が困難で、非効率な運用となります。
第一部では、文書管理の目的をあらためて整理の上、文書管理製品Contents EXpert Digital Documentが、文書管理に必要なバランスのよいセキュリティ機能を有することを解説します。

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

■16:05 〜 17:05 < 第二部 >

ユーザーの利便性を損ねることなく、
ファイル暗号化による情報漏えいリスクを低減した事例をご紹介

あなたは今日、いくつのファイルを作りましたか?
あなたは今日、いくつのファイルを人に送りましたか?

重要な経営資産である「情報」は、「ファイル」として作られ、共有され、加工されて、また別の人に渡っていきます。
日々の業務に必要な「情報=ファイルの中身」を手間なく「暗号化」する。そして、万が一漏えいした場合には「実体ファイル」を削除する。それが『FinalCode』です。実例を交えて利用シーンをご紹介します。

デジタルアーツ株式会社

■17:05 〜 17:20 < 個別相談会 >

参加費

無料

参加定員

10名(事前登録制)

主催

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
デジタルアーツ株式会社

お申込み要領

お申込みはこちら

  • ※お申込み時に参加希望セミナー番号欄に「da01」とご入力ください。
  • ※競合他社様、個人でのご参加、本人確認が取れない場合はお断りさせていただく場合がございます。
    また申し込み多数の場合、抽選とさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • ※メールアドレスは会社で業務上お使いになられるメールアドレスをご記入ください。フリーメール等の場合はお断りさせていただく場合がございます。
  • ※プログラムや開催日時等は、都合により変更する場合がございます。変更する際には本ホームページにて告知させていただきます。
  • ※本セミナーへのお申込時にご記入いただいた個人情報につきましては十分注意のうえ取扱い、NRIセキュアテクノロジーズ株式会社、野村総合研究所グループ、および本セミナー主催社(デジタルアーツ株式会社)からのセミナー案内や製品・サービス案内、メールマガジン、DM、その他お知らせの送付、各種調査依頼以外の目的には使用いたしません。

お問い合わせ先

NRIセキュア セミナー事務局
E-mail: event@nri-secure.co.jp   
TEL:03-6706-0670

お問い合わせ / 資料請求

ご不明な点、ご要望、ご相談等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。資料請求も承っております。

お問い合わせ
資料請求はこちら