セミナー情報

オフィスの紙文書そのままで働き方改革できますか?
~捨てるもの、残すもの、使うものを考える~

日時

開催終了2017年12月8日(金)

会場

セミナー概要

世論が大きく動き、政府が旗を振り始めたことで働き方改革 断行の年と言われる2017年。
調査では7割以上の企業が働き方改革の必要性を感じており、その内30%の企業が働き方の改革に着手しております。

※オフィス需要定期調査2016秋 結果報告 株式会社ザイマックス不動産総合研究所より

オフィスやデスクが文書によって固定化されていては、働き方改革の施策は進みません。
一方、紙文書削減としてやみくもに電子化(スキャン)保存すると、検索に時間がかかったり印刷物が増えたりと逆効果です。
何を紙で管理し、何を電子で管理するのか選定をしなければなりません。

今回のセミナーでは、
第一部で、セキュリティリサイクル研究所より、紙文書を「捨てる」、「残す」、「使う」の観点から考えることで、文書管理を成功に導き、働き方改革を実行するためのポイントをお話しいたします。
第二部では、NRIセキュアテクノロジーズより、第一部を踏まえて、選定された電子データの管理のポイントをお話いたします。

■14:30 < 開場・受付開始 >
■15:00 ~ 17:05

<第一部>
文書管理から始める働き方改革

1. なぜ、文書管理が働き方改革に繋がるのか
2. 文書管理が継続しない企業の陥っていること
3. 1,000社以上の経験、相談から「成功要因」「失敗要因」

セキュリティリサイクル研究所

<第二部>
100万枚以上の紙文書どう管理しますか?文書管理システムを活用するには

弊社20年にわたる文書管理支援経験から作られた文書管理システムContents EXpertを例に解説

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

参加費

無料(事前登録制)

参加定員

15名

※競合にあたる企業様、個人でのご参加はご遠慮くださいませ。

主催

株式会社セキュリティリサイクル研究所

共催

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社