EN

ニュース

NRIセキュア、サイバー・セキュリティ・コンサルティングの8分野でシェアNo.1を獲得

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(以下「NRIセキュア」)は、株式会社アイ・ティ・アール[i](以下「ITR」)が発行した調査資料「ITR Market View:サイバー・セキュリティ・コンサルティング・サービス市場2021[ii]」によると、国内のサイバー・セキュリティ・コンサルテング・サービス市場の8分野において、2020年度のベンダー別売上金額で市場シェアNo.1を獲得しました。

 

ITRは、サイバー・セキュリティ・コンサルティング・サービスを、企業のガバナンス対策を支援する16種のサービス[iii]に分類しています。これらのうち、NRIセキュアが2020年度のベンダー別売上金額で、市場シェアNo.1を獲得した分野は以下のとおりです。

 

  • セキュリティコンサルティング・プランニングサービス市場
  • 標的型攻撃メール訓練サービス市場
  • セキュリティ脆弱性診断サービス市場
  • セキュリティ監査サービス市場
  • セキュリティ情報配信サービス市場
  • BCP対策構築運用支援サービス市場
  • SOC/CSIRT構築運用支援サービス市場
  • OTセキュリティ診断・構築運用支援サービス市場

 

NRIセキュアは今後も、企業・組織の情報セキュリティ対策を支援するさまざまなサービス・製品を提供し、グローバルな規模で、安全で安心な情報システム環境と社会の実現に貢献していきます。

 

[i] 株式会社アイ・ティ・アール:
独立系のITコンサルティング・調査会社です。詳細は次のURLをご覧ください。https://www.itr.co.jp/

[ii] ITR Market View:
サイバー・セキュリティ・コンサルティング・サービス市場2021:2021年12月発行

[iii] 企業のガバナンス対策を支援する16種のサービス分野:
ITRの定義による「サイバー・セキュリティ・コンサルティング・サービス」は、次の16分野で構成されています:セキュリティコンサルティング・プランニングサービス、標的型攻撃メール訓練サービス、セキュリティ教育サービス、セキュリティ脆弱性診断サービス、パブリッククラウド向け診断/CSPM(Cloud Security Posture Management)サービス、PC端末セキュリティ診断サービス、レッドチームサービス、セキュリティ監査サービス、セキュリティ情報配信サービス、スレットインテリジェンスサービス、緊急時駆け付け対応サービス、インシデントレスポンスサービス、BCP対策構築運用支援サービス、クラウドセキュリティ構築運用支援サービス、SOC/CSIRT構築運用支援サービス、OTセキュリティ診断・構築運用支援サービス

 

 

ニュースに関するお問い合わせ

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 広報担当
E-mail:info@nri-secure.co.jp