ニュース

経営層がセキュリティを統括している日本企業の割合は海外企業の約半数
~NRI Secure Insight 2018~

2018年7月5日
NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(以下「NRIセキュア」)は、日本と海外4か国(アメリカ、イギリス、シンガポール、オーストラリア)にある企業の情報セキュリティに対する取り組みについてアンケートを行い、その結果を分析し、報告書「NRI Secure Insight 2018」をまとめました。

2002年度から過去15回毎年実施してきた「企業における情報セキュリティ実態調査」での知見を活かし、16年目の今年は初の5か国を対象としたグローバル調査を実施し、調査・分析方法を一新しました。
調査結果は、以下の4つのカテゴリにおいて、各国企業のセキュリティに対する意識の違いが浮き彫りになりました。

【セキュリティ経営】

CISOを設置し、経営層が就任している日本企業の割合は約35%で、海外4か国企業のおよそ半数に留まっている

【セキュリティ人材】

日本企業は海外4か国企業と比較し、圧倒的に人材不足を訴えている

【脅威・事故】

5か国とも、およそ8割の企業でセキュリティインシデントが発生している

【セキュリティ対策】

シャドーIT対策としてCASB等のシステムを導入している日本企業はわずか5%程度

ご参考

報告書名:「NRI Secure Insight 2018」

調査目的:
・日本、アメリカ、イギリス、シンガポール、オーストラリアの企業における情報セキュリティに対する取り組み状況を明らかにする
・企業の情報システム・情報セキュリティ関連業務に携わる方へ有益な参考情報を提供する

調査時期:2017年12月6日~12月22日(アメリカ、イギリス、シンガポール、オーストラリア)
     2018年3月14日~3月29日(日本)

調査方法:Webによるアンケート

調査対象:各国企業の情報システム・情報セキュリティ担当者

回答企業数:1,110社(日本:107社、アメリカ:500社、イギリス:197社、シンガポール:210社、オーストラリア:96社)

「NRI Secure Insight 2018」の詳細については、下記のウェブサイトをご参照ください。
https://www.nri-secure.co.jp/report/2018/analysis_global2018.html

ニュースに関するお問い合わせ

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 広報担当
TEL:03-6706-0622 E-mail:info@nri-secure.co.jp