沿革

1995年 6月
  • (株)野村総合研究所内に、情報セキュリティサービス提供のためのビジネスユニット設立
12月
  • (株)野村総合研究所内にて、FNC(ファイアウォール・ネットワーク・センター)サービスを開始
1996年 4月
  • (株)野村総合研究所にて、コンサルティングの一環として情報セキュリティに関するコンサルティングを開始
1998年 12月
  • (株)野村総合研究所にて、アセスメントサービスを開始
2000年 8月
  • NRIセキュアテクノロジーズ(株)設立
2001年 6月
  • インターネット上でのセキュアファイル交換システム「クリプト便」サービスを開始
2002年 8月
  • セキュリティアラート 情報提供サービス「SecureCube / Info」サービスを開始
2003年 5月
  • BS7799/ISMS認証を国内の全社全部署にて一括取得
7月
  • エンドポイントセキュリティの一元管理ソリューション「SecureCube / PC Check」サービスを開始
  • 経済産業省の「情報セキュリティ監査制度」に準拠した「情報セキュリティ監査サービス」を開始
9月
  • 日本初のSANS Conferenceを開催
    これよりSANS トレーニングの日本での提供開始
2004年 2月
  • メールの情報漏洩対策・監査ソリューション「メール監査サービス」を開始
11月
  • SANS Instituteによる独自の高度情報セキュリティ認定資格「GIAC」の日本語受験プログラムを開始
2005年 5月
  • 電子メール監査ツール「SecureCube / Mail Check」、アクセス制御・監査ツール「SecureCube / Access Check」サービスを開始
2006年 2月
  • 顧客ごとのシステム状況に応じた「脆弱性マネジメントサービス」を開始
7月
  • 「セキュリティ診断」サービスに「データベース診断」を追加
8月
  • 「セキュリティ事故対策支援サービス」を開始
2007年 4月
  • Webアプリケーション・ファイアウォール(WAF)の 管理サービスを開始
7月
  • SANSとNRIセキュアが国内で初めてSANS認定インストラクターの公募を開始
  • 日米拠点による24時間×365日体制の監視サービスを開始
10月
  • NRIセキュアのインシデントレスポンスチーム(NCSIRT)FIRSTに加盟
11月
  • 「セキュア設計・開発支援サービス」を開始
2008年 12月
  • セキュリティ管理業務の改善・効率化ソリューション「SecureCube / Central」サービスを開始
2009年 2月
  • 北米支店設立
  • PCI DSS/QSAに認定
3月
  • クリプト便、情報セキュリティ格付けとして 「AAis」取得
    ※2011年4月現在、ASP/SaaSとして初めて「AAAis」取得
7月
  • PCI DSS認定スキャニングベンダー(ASV)資格を取得
9月
  • 株式会社セキュアヴェイルと資本・業務提携
  • 「SecureCube / Message Crawler」サービスを開始
10月
  • 「SecureCube / Labeling」サービスを開始
2010年 2月
  • Web感染型マルウェア検知 サービスを開始
7月
  • クラウドサービス導入時のセキュリティコンサルティング、運用状況のセキュリティ評価 サービスを開始 
10月
  • SecureCube / Secret Share サービスを開始
12月
  • DLP管理 サービス開始
2011年 1月
  • SecureCube / Mail Adviser サービスを開始
8月
  • 株式会社フォティーンフォティ技術研究所(現 株式会社FFRI)と資本・業務提携
10月
  • 「FNCモバイルサービス」を米国で提供開始
  • 「世界分散ストレージサービス」を開始
11月
  • 「モバイル端末管理サービス」を開始
12月
  • Webサイト群探索棚卸しサービス「GR360」を開始
2012年 8月
  • 株式会社ユービーセキュアと資本・業務提携
2014年 4月
  • 北米支店を北米支社に変更
5月
  • 野村総合研究所よりID管理関連等6つのセキュリティプロダクト事業を承継

お問い合わせ / 資料請求

ご不明な点、ご要望、ご相談等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。資料請求も承っております。

お問い合わせ
資料請求はこちら