hero-securetalk

SECURE TALKキャリアとワークライフバランスと
職場文化について。

img-profile01
コンサルティング事業本部
松本 直毅
教養学部卒。2006年に総合商社のIT子会社に就職し、親会社の海外ネットワークの企画・運用業務に従事。2013年から約2年シンガポール拠点での駐在も経験した。2016年NRIセキュアに入社して以来、一貫してストラテジーコンサルティング部でセキュリティコンサルティング業務を担当。主に日本企業のグループ・グローバル拠点に対するセキュリティアセスメントなどを行う。2020年に第一子が生まれた際に育児休業を取得したことをきっかけに、仕事を持ち帰らないスタンスを貫く。
img-profile02
ソフトウェア事業本部
藤原 彩香
文学部卒。2015年にセキュリティベンダーに就職。パートナーセールスとして新人賞を受賞するなど活躍した後、2019年にNRIセキュアに転職。クリプト便のフィールドセールスとして金融業界などを担当。また、中小企業を対象としたインサイドセールスのリーダー として、新人メンバーの育成にもあたる。プライベートでは、部の仲間とオンライン飲み会やゲームにも興じる、社内きっての社交派。
img-profile03
聞き手:人事部
戸川 美樹

NRIセキュアを選んだ理由

「お客様からの信頼が厚いコンサルタントになりたい」
「営業として幅広いソリューションを提供できる」

  • 戸川
    私はもともと2000年代にNRIのエンジニアとしてNRIセキュアの社員と一緒に仕事をしていて、当時は社員が80人くらいでベンチャー企業のような熱気が印象的でした。その後、縁がありNRIセキュアの人事部へ出向し、採用を強化し始めた直後に応募をしてくれたのが松本さんでしたね。
  • 松本
    はい。総合商社のIT子会社に新卒で入って10年目を迎える頃で、親会社に常駐、その後出向と1社に関わる期間が長く、自身の成長が特定のスキルに閉じてしまうことに不安を覚えていました。そこで転職サイトに登録すると、すぐにNRIセキュアの紹介がありました。当時常駐先のコンサルティングを行っていたのが現在DXセキュリティ事業本部副本部長の足立さんで、お客様からの信頼が厚く、コンサルタントとはこういうことだというお手本を見たことで、自分自身もこうなりたいとの思いで迷わず応募しました。
  • 戸川
    私は入社時のオリエンテーションも担当しますので、松本さんの入社を見届けられて嬉しかったことを覚えています。
  • 松本
    ありがとうございます。
  • 戸川
    藤原さんは セキュリティ業界内での転職でしたが、その理由は何だったのでしょうか。
  • 藤原
    私はセキュリティベンダーでパートナーセールスを4年務めていました。自分で営業するのではなく、代理店に自社製品をいかに拡販していただくかを提案する部署でした。営業活動を通して、お客様と直接話をしたいという気持ちが強くなり、転職活動を始めました。数社から内定を頂きましたが、NRIセキュアなら自社製品の販売だけでなく、マネジメントやコンサルティングなど幅広いソリューションが提供できると考え、即決しました。
img-securetalk01
img-securetalk02

入社後の印象

組織や職種の壁がなく
協力し合う企業文化だから
働きやすい

  • 戸川
    入社されてどんな印象でしたか?
  • 松本
    まず驚いたのが、部署間でも分け隔てなく協力し合う文化があることでした。コンサルティングの現場において自分自身で知見を持ち合わせていない領域の顧客課題に当たった時、組織内で相談をすることが慣習になっていて、相談された側も惜しみなく情報を提供する。顧客本位でありかつ社員としても仕事がしやすい、素晴らしい企業文化だと感じました。
  • 藤原
    私も同感です。相談しやすい雰囲気を社員みんなが大切にしていますよね。実は入社前、エンジニアの多い職場が少し不安でした。堅くてピリピリした雰囲気だったらどうしようと思い、事前に上司となる方へ電話で質問することで、不安を解消しました。もちろん私の杞憂で、みなさんから温かく迎えていただきました。週末にオンラインで飲み会をしたり、ゲームをしたり、本当に仲の良いチームです。
  • 戸川
    十人中九人は“堅い会社”をイメージして入って来られますからね(笑)。
img-securetalk03

初仕事の手応え

任せてもらえるから
成長が早い

  • 戸川
    入社して希望通りのお仕事はできましたか?
  • 藤原
    藤原入社後すぐに重要顧客を任せていただき驚きました。念願だったお客様と直接お話しできる最初のご挨拶の場で、主力商品である「クリプト便」を実際にご利用いただいているお客様の声や要望をつぶさに聞くことができ、すごくワクワクしたことを覚えています。
  • 戸川
    松本さんのワクワク体験も聞かせてください。
  • 松本
    喜んで(笑)。私も入社してすぐに、あるグローバル企業へのプレゼンを任されました。お客様が海外の方だったので、海外駐在の経験もある自分がアサインされました。前職の経験も活かせる内容だったので、絶対に成功させようと万全の準備をして臨んだ結果、高い評価を得ることができました。それがきっかけとなって、今では海外拠点の支援へとビジネスが拡大しています。自分自身の得意領域を活かして、セキュリティコンサルタントとしてやっていけると思えた瞬間です。

NRIセキュアで学んだこと

お客様に本気で向き合う姿勢
お客様よし・社会よし・
NRIセキュアよし

  • 戸川
    上司や同僚から何か影響を受けたこと、学んだものはありますか?
  • 藤原
    お客様に対する姿勢です。一営業担当ではなく相談役としていつでも気軽に声をかけていただける信頼づくりの大切さを、上司や同僚から学びました。また、何かトラブルが起きたとき、誰かを責めるのではなく、次に同じことが起きないよう対策を皆で考えることが徹底されています。これも素敵な企業文化だと思います。仕事に限らずプライベートな人間関係でも、すごく役に立っていると思います。
  • 松本
    私はコンサルタントとしての心構えを学ぶことができました。自分の中では「三方よし」という言葉を使っていて、お客様よし・社会よし・NRIセキュアよし、です。もちろんまずお客様が第一ですが、中長期の視点でお客様の先の社会にとって必要と判断すれば、時にはお客様にとって耳の痛いアドバイスをすることもあります。一方で、いくら品質の高い仕事ができても、自分たちが疲弊していては持続せず、結果的にお客様にご迷惑をかけてしまいます。お客様と長期的、安定的な関係性を築くことができているプロジェクトの場合、必ずその3者がバランス良く調和していると感じており、これがNRIセキュアにおいて一番大きな学びだったと思います。

ワークライフバランス

育児休業取得後
仕事はより効率的に、
プライベートでは家族を最優先に

  • 戸川
    松本さんは、昨年育児休業を取得されたのですよね?
  • 松本
    はい。第一子が生まれてすぐに2ヶ月取りました。コロナ禍でお互いの実家からサポートを得ることが難しそうだったという背景もあり、早めに人事制度などを調べることから始めました。人事制度を調べていく中で、NRIグループでは男性社員も結構育児休業を取得していることがわかり、勇んで取得しました。
  • 戸川
    2ヶ月間育児に専念されていかがでしたか?
  • 松本
    育児が想像以上に大変なことがわかりました(笑)。でもこの期間があったことで自分の業務の棚卸しができて、職場に復帰した後も育児との両立がスムーズにできていると思います。仕事スタイルもキャラもすっかり変わりました。
  • 戸川
    どのように変わったのでしょうか?
  • 松本
    休業前よりもさらに意識して、ノウハウを言語化し、同僚へ引き継ぐことを心がけるようになりました。自分のみが知っている、できる仕事を極小化するためです。また、休業前は仕事中心の生活で、休みの時にも仕事モードが抜けきらないことも正直ありました。今はON/OFFをはっきり分け、仕事はより効率的に、プライベートでは家族を最優先にしています。もちろん周囲のみなさんのご協力があってのことですが、全体としての勤務時間も短くなりました。
  • 藤原
    育児休業を取得されたご経験が、仕事にも活きているのですね。また誰もが働きやすい環境につながっていると思いました。
  • 松本
    そうですね。自分が良い前例になろうと思いました。体験してそれをオープンにしていけば、後から若い人たちがどんどん続いてくるだろうと。それもまた共有の文化ですよね。
img-securetalk04
img-securetalk05

社員間の交流

ボトムアップの社内活性化活動
「つながり」が、安心して働ける環境を強固にする

  • 松本
    藤原さんも、社内のサークル活動でとても熱心に情報を発信されていて、すごいなと思います。
  • 藤原
    ありがとうございます! 私はフィットネスサークルを主催していますが、コロナ禍ではオンライン上のコミュニケーションがメインでさみしいです…。せっかくのつながりを絶やさないよう社内チャットを使って、健康やボディメイクに関する情報を発信しています。
  • 戸川
    もともとは、会社が急成長を続ける中で部署間や社員同士のつながりをより強化しようと、ボトムアップでGAT(Good Action Task Force)というグループが立ち上がり、そこからサークル活動がスタートしました。サウナやゲーム、野球など、年代も役職も関係なく活動されていますね。
  • 藤原
    多くの方にご参加いただくために、積極的に声がけをして認知度を上げていった結果、今では入社直後の方からも「フィットネスサークルがあると聞いたので入りたい」と声をかけていただけるようになりました。松本さんも是非!
  • 松本
    子育てサークルとかですかね(笑)。こういった試みをやっている会社は少なくないですが、長続きしていないところも多い。こんな状況下で一年続いているだけでも素晴らしいと思います。
  • 戸川
    つながり作りという観点では、人事部メンバーは入社して半年経った方全員と面談をし、キャリアに関する相談を受けたり、支援が必要なことが無いか確認をしたりしています。面談を通じて、いつでも気軽に相談できる関係作りを心がけています。藤原さんとの面談は戸川が担当しましたが、部屋に入ってこられた瞬間に充実感が伝わってきたのが印象的でした。
  • 藤原
    上司や同僚以外にもさまざまなフォローがあると、安心して働けますよね。

転職を考えている方へ

思うままにチャレンジできる
自由さとスピードが、
ここにはある

  • 戸川
    最後に、いまNRIセキュアへの転職を考えている方にメッセージをお願いします。
  • 藤原
    私は小さい頃から趣味でダンスを習っていたのですが、万全の準備をしたうえで臨むその舞台が、お客様との打ち合わせの場にすごく通じると感じます。大変ですが、ワクワクする仕事がここにはたくさんあるなって。「NRIセキュアブログ」で社員たちがホットなセキュリティ情報を発信しているので、是非読んでいただきたいです。
  • 松本
    これをやりたいと手をあげれば、思うままにやらせてもらえる自由さとスピードをもった会社です。転職先で暴れてみたいと思う方はぜひご参戦ください(笑)。あと、自分たちの仕事や成果が社会と深くつながっていることが日々実感できるので、高いモチベーションを持ち続けられる環境だと思います。NRIセキュアで一緒に切磋琢磨しながら働けるのを楽しみにしています。
img-securetalk06