NRIセキュアテクノロジーズ

Home > お知らせ > 2008年 > 弊社が担当いたしましたCOBIT4.1の翻訳版が公開されました。

お知らせ

弊社が担当いたしましたCOBIT4.1の翻訳版が公開されました。

2008年6月3日
NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社コンサルティング事業部COBIT翻訳プロジェクトチーム(以下「NRIセキュア」)は、IT統制の国際的ガイドラインであるCOBIT4.1の翻訳を行いました。
この翻訳作業は、COBIT4.0の翻訳に引き続くもので、ITGI Japan(日本ITガバナンス協会)の翻訳責任の下に、監修を担当するISACA(情報システムコントロール協会)東京支部にNRIセキュアが協力して実施したものです。

COBIT 4.1では、 関連するガイドライン(COBIT Control Practices第2版、Val IT第2版)の改訂との整合性を確保する観点や、OBITユーザ(COBIT 4.0、およびCOBIT Online)の意見の反映、学識者による検証作業を通じて得られた知見を反映する観点から、主に以下のような改訂が行われました。

  • COBITとは、“企業がその目標達成に必要な情報を提供するための体系化された一連のプロセスである”という基本原則を明示した上で、コントロール目標の定義を変更した。
  • 関連するガイドライン(COBIT Control Practices第2版、 Val IT 第2版)の改訂に併せて、下記に示すようなコントロール目標の統合、表現の改訂が行われた。
    • ・AI5.5とAI5.6はAI5.4に統合
    • ・AI7.9, AI7.10 とAI7.11は AI7.8に統合
    • ・ME3は法規制および、契約要件の遵守に関する記載を追記
  • 上記に併せて、COBITフレームワークにおける達成目標、および測定指標の解説が追記されたほか、エグゼクティブオーバービューが改訂された。
  • 業務処理統制は、効果的なコントロール評価と報告が可能になるよう、COBIT4.0で定めた18項目の業務処理統制が6項目に置き換えられた。
    詳細は、『COBIT Control Practices, 2nd Edition』に記載されることとなった。
  • 付録Iのビジネス達成目標とIT達成目標のリストは、University of Antwerp Management School (ベルギー)が実施した検証作業を踏まえて改訂された。
  • 綴じ込みページには、COBITプロセスのクィックリファレンスリストが追加され、ドメインを記載した概要図ではCOBITフレームワークのプロセスと業務処理統制の要素が参照できるようになった。

COBIT4.1のダウンロードはこちらから
http://www.itgi.jp/download.html

【本件に関するお問い合わせ先】

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 コンサルティング事業部 広瀬
TEL:03-5220-2022E-mail:info@nri-secure.co.jp

PAGE TOP
お問い合わせ / 資料請求

ご不明な点、ご要望、ご相談等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。資料請求も承っております。

お問い合わせ 資料請求


このページを印刷