NRIセキュアテクノロジーズ

Home > サービス案内 > 人材育成・研修 > SANS Securing The Human セキュリティアウェアネストレーニング

SANS Securing The Human セキュリティアウェアネストレーニング

TOP

SANS Instituteは、これまでに世界中で16万人以上のセキュリティ専門家に対してトレーニングプログラムを提供してきました。SANSは、常に最高のテクニカルトレーニングを提供し続けており、トレーニングを受講された方々は、グローバル企業などでサイバーセキュリティの専門家として活躍しています。
SANSは長きにわたって、技術者向けの高度なテクニカルトレーニングを提供してきましたが、一方で、サイバーセキュリティの最大の脆弱性は「人」であるといわれるとおり、セキュリティの技術をあまり必要としない一般社員などのいわゆるエンドユーザに対する啓発トレーニングも重要だと考えています。
Securing The Humanは、こうしたコンセプトの下で開発されたエンドユーザ向けのオンライントレーニング(CBT)ソリューションで、人的なサイバーセキュリティリスクを効果的に低減・管理します。

SANS Securing The Humanは世界1,300以上の組織に導入され、650万人の受講実績があります。
コンテンツは、サイバーセキュリティの専門家の共同作業によって作成され、20か国語以上に翻訳されています。
SANS Securing The Humanプログラムには、単に一般の従業員が受講するコンテンツだけでなく、セキュリティ意識向上を推進する担当者が簡単かつ効果的に業務を遂行するために必要な機能がすべて含まれています。

PAGE TOP

特長

Point.1 サイバーセキュリティの専門家によるコンテンツ制作

Securing The Humanは、多くのサイバーセキュリティの専門家によるコンセンサスで出来上がっています。実務に即した質の高いコンテンツで学習できますので、コンプライアンス意識の向上、ビジネス上のセキュリティ動作の変革、セキュリティ規範の醸成などが短期間で行えます。

Point.2 受講の負荷がないフレキシビリティ

コンピューターベースのトレーニングなので、パソコンとウェブブラウザがあれば、場所や時間の制約を受けずに受講できます。また、各コンテンツはモジュールごとに細かく区切られているため(1モジュールあたり数分)、忙しい方でも無理なく受講できます。

Point.3 20か国語以上に翻訳

Securing The Human EndUserのコンテンツは20か国語以上の言語に翻訳されています。使用言語は各受講者が選択することができますので、グローバルに拠点を有する組織でも無理なくご利用いただけます。

Point.4 CG・音声解説・テキストによるスクリプトと確認テスト

各モジュールはコンピュータグラフィック・音声解説・テキストによるスクリプトで構成され、学習効果が高まる工夫がなされています。また、確認テストが各モジュールの視聴終了後に用意され、全問正解で終了という構成です。必要に応じて受講修了証も発行できます。

Point.5 Advanced Cybersecurity Learning Platform(ACLP)

Securing The Humanプログラムは、Advanced Cybersecurity Learning Platform(ACLP)と呼ばれるラーニングプラットフォームで提供されます。ACLP上で受講者は必要なコンテンツだけを効率的に受講することができます。また、受講者設定やコース設定、受講状況管理や習熟度の測定などきめ細かな管理者機能が提供され、多くのタスクを自動化することができます。

■モジュール(テーマ)一覧
アウェアネストレーニングモジュール コンプライアンストレーニングモジュール
・あなたはシールドです
・Eメール、フィッシング、メッセージング
・ブライジング
・パスワード
・暗号
・モバイルデバイスセキュリティ
・クラウドサービス
・物理セキュリティ
・データセキュリティとデータ破壊
・Hacked
・Advanced Persistent Threat (APT)
・ソーシャルエンジニアリング
・インサイダーの脅威
・ITスタッフ
・ヘルプデスク
・リモートワークとWi-Fiセキュリティ
・上級管理者のリーダーシップ
・海外出張
・ホームネットワークの防御
・子供をネットの脅威から守る
・私物のコンピュータの防御
・ソーシャルネットワーキング
・法律事務所におけるクライアントの秘密の確保
・刑事司法
・データの保持
・倫理
・EUのデータ保護
・家族教育権とプライバシー法(FERPA)
・連邦PII
・連邦Tax Information
・FCPA
・GLBA-教育と財務
・HIPPA
・ITAR
・PCI DSS
・PIIと社会保障番号
・プライバシー
・レッドフラッグルール
PAGE TOP

料金表

500ライセンス:977,500円(税抜き)〜 (ボリュームディスカウントあり)
個別に見積もりますのでお問合せください

※最低利用ユーザ(ライセンス)数は500からの販売になります。
※上記の料金は2017年4月時点の価格です。為替の変動によって料金が変更することがあります。ご了承ください。

PAGE TOP

試用申込

無料試用をお申込みされる場合は、 こちらのフォームに必要事項を記入しお申込みください。 申込みから試用開始まで1週間程度で試用アカウントを作成いたします。なお、お手数ですが、フリーフォームに「STH試用希望」とお書きください。

PAGE TOP
お問い合わせ / 資料請求 / 試用申込

ご不明な点、ご要望、ご相談等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。資料請求も承っております。

お問い合わせ 資料請求

このページを印刷