中長期計画策定支援

概要

絵に描いた餅としないセキュリティ戦略

日々変化するセキュリティ脅威に対する対策強化は、企業経営における重要な課題であり、長期的視点・計画性・継続性を持って取り組む必要があります。
そのためには、経営方針や事業戦略から打ち出したIT戦略における実効的なセキュリティ対策の中長期計画を策定して、グランドデザインすると共に、実施優先度等を考慮した上で、中長期的な活動をロードマップとして取り纏めることが重要です。

特長

Point1:戦略をソリューションに具現化する力

企業実態に則したリスク評価・分析、経営方針や事業戦略にあったIT戦略立案をはじめ、システム企画・設計・導入・運用、プロジェクトの実行支援等を経験したコンサルタントを配置します。

Point2:経験・実績に裏打ちされた対応力

マニュアルや知識のみならず、業種・規模によらない豊富な支援実績により蓄積したノウハウがあります。また、各業界におけるセキュリティレベルを熟知しており、お客様の業態・環境に合わせた最適な提言が可能です。

Point3:最新のセキュリティ動向への理解

弊社では、独自のセキュリティに関する実態調査・動向レポートの提供や、国内外のセキュリティ施策検討委員会等に参画しています。そのため、政策提言・標準化の推進が可能です。

サービスのご提供フロー

現状把握

各種基準・他社動向を取り入れたアセスメントシートを用い、実態ヒアリングを行うことで、セキュリティ対策状況を把握

課題の明確化

セキュリティ対策状況を整理し、実態評価を実施することで強み・弱みを明確化

リスク分析・基本方針の策定

明らかになった強み・弱みから想定されるセキュリティリスクの分析を実施し、実施すべき対策の基本方針を策定

重点取り組み施策の策定

セキュリティ対策に対する実施優先度を設定し、具体的な重点取り組み施策を策定(誰が、何を、どうするかの明確化)

活動計画の策定

重点取り組み施策に従い、活動計画のロードマップ(施策 / スケジュール / 担当部門)を策定し、情報投資の優先度を明確化

料金表

個別見積もりとなりますので、下記「お問い合わせ/資料請求」からお問い合わせ下さい。