セキュリティ対策レポートサービス

概要

委託元の信頼獲得を目的としたセキュリティ対策の訴求支援

新サービスの迅速な展開や高度なシステム開発、大幅な生産性の向上など、事業環境をめぐる多様なニーズにあわせて、多くの業務を外部企業に委託する企業が増加しています。その傍らで、業務を受託した企業による情報漏洩などの事件の発生が後を絶たず、受託企業における情報セキュリティ対策状況は、委託元企業やそのステークホルダにとって大きな関心事となっています。

こうした背景のもと、多くの委託元企業では、業務委託の開始や継続の可否を判断するための重要な指標として受託企業における情報セキュリティ対策の実施状況を対象とし、その調査や評価活動に取り組んでいます。一方で、多くの受託企業にとっては、自社の情報セキュリティ対策が適切なレベルであることを委託元企業へ正しく伝えることが、事業継続上の重要な課題となっています。

情報セキュリティ対策レポートサービスは、受託企業における情報セキュリティ対策状況を、委託元企業に対して正しく的確に伝えるためのレポートを策定するサービスです。

レポートを通じて、受託業務や情報セキュリティへの取り組みを委託元企業にご理解いただくことで、「委託元企業からの信頼獲得」、さらには企業イメージ向上による「営業力強化」を目指します。

情報セキュリティ対策レポートサービスのフレームワーク

サービスメニュー

情報セキュリティ対策レポートは、以下の3つのタイプからお選びいただけます。

・詳細レポート(個別)
・詳細レポート(汎用)
・概要レポート

特長

Point.1 情報セキュリティに関する委託先管理の専門家が支援

委託先管理に精通したコンサルタントが、これまでに培った経験とノウハウを生かし、多くの委託元企業が懸念する検査ポイントをおさえたレポートを策定します。

また、委託元企業から指摘されるおそれのある事項(不十分な対策、今後の課題など)についても、レポート作成時に洗い出しと対策の検討が可能です。

Point.2 ニーズに応じた様々なレポートが作成可能

特定の委託元企業からの検査項目をふまえ、検査時に参考資料として提示可能な詳細レポートや、一般公開が可能で営業資料としても活用できる概要レポートなど、ニーズに応じたレポートを作成することができます。

また、ご要望に応じてレポートの記載内容は、見直しを行うことができます。委託元による検査を受けた後に、その検査の観点を新たにレポートに追加するなどして、次回の検査に備えることも可能です。

Point.3 視覚的にもわかりやすいデザイン

レポートは、委託元企業や見込み顧客に手に取ってもらいやすく、内容を正しく理解してもらえることを企図して、図や写真、スライドを効果的に盛り込んでデザインします。
レポートのテーマカラーやイメージなどを、貴社の希望に沿って作成することができます。

サービスのご提供フロー

STEP 1対象範囲決定

レポートに記載する対象業務、対象システムを決定します。

STEP 2インタビュー/資料収集

貴社ご担当者へのインタビュー、資料の閲覧、施設確認などを実施し、レポートの作成に必要な情報収集を行います。

STEP 3取りまとめ

弊社にて、インタビュー/資料確認の結果を取りまとめます。また、情報セキュリティ対策の実施状況に懸念事項がある場合には、記載方法をご相談します。

STEP 4レポート作成

弊社にて、レポートを作成いたします。

STEP 5レポート確認・修正

作成したレポートを貴社にてご覧いただき、事実誤認などがないかご確認いただきます。

STEP 6レポート配布

レポートを納品いたします。貴社にて委託元企業向けに配布してください。

料金

個別見積もり

パンフレット