セミナー情報

PCIDSSセキュリティフォーラム 2016

日時

開催終了2016年6月22日(水)

会場

東京国際フォーラム(有楽町駅前)
ホールD5 およびガラス棟会議室G402・G405・G409 外部リンク

※エレベーターで直接19Fまでお越しいただき、案内板に従ってお進み下さい。

セミナー概要

東京五輪の2020年開催に向け、政府はクレジットカードを世界で最も安全に利用できる環境づくりを目標に掲げています。これを受けて、カード業界の主要団体により組織された「クレジット取引セキュリティ対策協議会」は2016年2月、セキュリティ対策の強化に向けた実行計画を公表しました。
これによりEC事業者は2018年3月までに、対面加盟店は2020年3月までに、カード情報非保持か、PCIDSS準拠を完了することが求められました。
こうした流れの中、カード加盟店や通販企業、サービス・プロバイダーの皆さまが、PCIDSSへ効率的に準拠することを支援するため、このフォーラムを開催いたします。

NRIセキュアも出展、講演いたします。

■09:30 < 受付開始 > ※D館5Fにて全体受付
■10:00 ~ 10:10 < オープニング >
■10:10 ~ 10:50 < 基調講演 > ホールD5

「カード情報非保持とPCI DSS準拠は本格化するか」

対面加盟店やEC事業者などにおいて、カード情報非保持やPCIDSS準拠の動きは、今度こそ本格的になるのか。割賦販売法の見直し動向も踏まえ、2020年までのカードセキュリティはどう進行するか、どのような対策が必要になってくるかについて解説します。

一般社団法人金融財政事情研究会
月刊「消費者信用」編集長 浅見 淳 氏

11:10~16:40 < 分科会 >

4会場に分かれて、各40分間のビジネスセッションを20コマ実施します。 また、D館のホールD5受付ロビーと空中回廊への連絡ロビー(D4F)には、展示コーナーを開設し、会員企業が展示と15分ずつのミニセッション(D401会場)を行います。

■13:00 ~ 13:40 < 特別講演 > ホールD5

「カードセキュリティ強化に向けた実行計画について」

クレジット取引セキュリティ対策協議会が公表した実行計画では、官庁は加盟店の業種別団体等に対して働きかけ等を積極的に行うこととなりました。具体的にはどのようなアクションとなるのか、カードセキュリティの世界レベル実現に向けた取り組みについて説明いただきます。

経済産業省 商取引監督課 課長補佐(消費者信用担当) 北村 敦司 氏

■15:00 ~ 15:40 < セッション2 >

「ペネトレーションテストから見る、カード情報流出につながる問題点~企業が陥りがちな問題点とその対策~」

ペネトレーションテストをはじめとする、弊社PCI DSS準拠スキャンサービスの結果から、統計情報を交えつつ、各企業が陥りがちな問題点とその対策方法について解説します。

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
サイバーセキュリティサービス二部 セキュリティコンサルタント 奥原 嵩大

【展示】D館4F・5Fロビーにて終日開催
(14)NRIセキュアテクノロジーズ株式会社:D館4Fロビー ※D401にてミニ講演(15:15~15:30)

■16:45 < 閉会 >

参加費

無料

主催

日本カード情報セキュリティ協議会 (JCDSC)

後援

経済産業省
一般社団法人日本クレジット協会
公益社団法人日本通信販売協会

お問い合わせ先

PCIDSSセキュリティフォーラム2016事務局
E-mail: forum@jcdsc.org