セミナー情報

JC3 Forum 2016
サイバー脅威の特定・軽減・無効化に向けて

日時

開催終了2016年3月10日(木)

会場

セミナー概要

近年、サイバー犯罪の被害は深刻化し、その手口は高度化・複雑化の一途をたどっています。これに対しては、これまでのように事後的な対応を取るだけではなく、脅威の全体を俯瞰して先制的・包括的な対応を取ることで、問題を根本的に解決していくことが喫緊の課題となっています。

このような中、一般財団法人 日本サイバー犯罪対策センター(JC3)は、産業界、学術研究機関、捜査機関の間で、これまで以上に情報や知識・経験、ノウハウを共有することで、サイバー犯罪の実態を解明し、背後に存在する犯罪者らの追跡・特定を図るとともに、その脅威を軽減・無効化するための枠組みとして活動しております。
NRIセキュアはJC3の活動に賛同し、事業開発部所属の与儀大輔が理事として活動すると共に、JC3及び参加組織と積極的に情報交換を行っています。

本フォーラムでは、産業界、学術研究機関、捜査機関の各領域より、サイバー犯罪の情勢、対処に関する課題などについてそれぞれの視点から検討するとともに、サイバー犯罪の脅威を特定・軽減・無効化し、問題を根本的に解決するための産学官の協働や国際連携の在り方などについて、今後を展望する場にしたいと考えています。

この脅威への新たな取組にご関心をお持ちの方々のご参加をお待ちしております。

■13:00 < 受付開始 >
■13:30 ~ 13:35 < 開会のご挨拶 >

一般財団法人 日本サイバー犯罪対策センター
代表理事  清水 隆明

■13:35 ~ 14:20 < 基調講演 >

オールジャパンの危機管理体制構築について

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
警備局長 今井 勝典 氏

■14:20 ~ 14:50 < 講演 >

警察におけるサイバー犯罪対策とJC3との連携

警察庁生活安全局情報技術犯罪対策課
課長 逢阪 貴士 氏

- - - - - -14:50 ~ 15:05 < 休憩 > - - - - - -

■15:05 ~ 15:35 < 講演 >

金融機関におけるサイバー犯罪対策の取組みについて

株式会社三菱東京UFJ銀行
顧客保護推進室長 松野 善方 氏

■15:35 ~ 16:05 < 講演 >

サイバー犯罪対応の課題とインテリジェンス活用の重要性

デロイト トーマツ
サイバーセキュリティ先端研究所
主任研究員 岩井 博樹 氏

- - - - - -16:05 ~ 16:20 < 休憩 > - - - - - -

■16:20 ~ 17:50 < パネルディスカッション >

サイバー脅威の特定・軽減・無効化に向けて

進行:
 西本 逸郎 氏(株式会社ラック)

パネリスト:
 岩井 博樹 氏(デロイト トーマツ サイバーセキュリティ先端研究所)
 逢阪 貴士 氏(警察庁)
 松野 善方 氏(三菱東京UFJ銀行)
 吉岡 克成 氏(横浜国立大学大学院)
 坂 明(JC3)

■17:50 ~ 17:55 < 閉会のご挨拶 >

一般財団法人
日本サイバー犯罪対策センター
業務執行理事 坂 明

参加費

無料(事前登録制)

参加定員

300名 ※定員になり次第、締切となります。

主催

一般財団法人 日本サイバー犯罪対策センター(JC3)

お問い合わせ先

JC3フォーラム2016事務局(株式会社ビッグビート内)
E-mail: jc3forum2016@event-web.info
TEL : 03-3222-8943(受付時間 10:00~18:00 土日・祝日を除く)
FAX : 03-3222-8894