セミナー情報

緊急開催<会員特別研究会>
続出するサイバー攻撃の実態とその対策

日時

開催終了2015年7月21日(火)

会場

一般社団法人企業研究会 セミナールーム
〒102-0083 東京都千代田区麹町5-7-2 麹町31MTビル 外部リンク

※東京メトロ 有楽町線「麹町駅」1番出口より徒歩5分
※JR線/東京メトロ 丸の内線・南北線「四ツ谷駅」1番赤坂口または麹町口より徒歩9分
※東京メトロ 銀座線・丸の内線「赤坂見附駅」D出口より徒歩9分
※東京メトロ 半蔵門線・南北線・有楽町線「永田町駅」7番出口より徒歩9分

セミナー概要

標的型攻撃による大量の情報流出が大きな社会問題となっています。背景には2014年夏頃からのサイバー攻撃の多発、高度化があり、従来の情報セキュリティ対策だけでは対応しきれないケースが増加しています。
サイバー攻撃の被害は、WEBサイトの改ざんによる事業活動の妨害や悪影響、また標的型攻撃による自社の機密情報流出から顧客に大きな損害を与えてしまうといったことが起こり、企業はこれまで以上にサイバーセキュリティ対策が必要不可欠となっています。

本セミナーでは、サイバー攻撃の現状と手口からはじまり、セキュリティ対策について詳解します。また、近年の標的型攻撃の事例をご紹介します。

< セッション1 >

近年求められるサイバーセキュリティとサイバー攻撃の脅威

1)近年求められるサイバーセキュリティ

2)サイバー攻撃の脅威一例
 ・多発するWebサイトの改ざん
 ・Windows Server 2003延長サポート終了に伴う脆弱性攻撃発生の懸念
 ・ネットバンキングを狙うサイバー脅威
 ・スマートデバイスを狙うサイバー脅威
 ・特定の組織を狙う標的型攻撃

3)近年の標的型攻撃事例

株式会社FFRI
執行役員フェロー 製品開発担当 技術本部 技術戦略部長 石山 智祥

< セッション2 >

標的型攻撃から守るための対策

1)標的型攻撃とは?

2)標的型攻撃対策の事例

3)ITシステムにおける多層防御とは?
 ・侵入を防ぐ入口対策
 ・情報流出を防ぐ出口対策
 ・セキュリティ運用監視

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
MSS事業本部 上級ITセキュリティコンサルタント 中田 裕之

参加費

一般社団法人企業研究会 会員:無料 / 一般:5,400円(本体価格:5,000円)

主催

一般社団法人企業研究会

お申込み要領

※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。

※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

※本セミナーへのお申込時にご記入いただいた個人情報につきましては十分注意のうえ取扱い、本セミナー主催者(一般社団法人企業研究会)、講演社(NRIセキュアテクノロジーズ株式会社、NRIグループ、株式会社FFRI)からのセミナー案内や製品・サービス案内、メールマガジン、DM、その他お知らせの送付、各種調査依頼以外の目的には使用いたしません。

※その他、詳細につきましては、主催者のホームページをご参照ください。

お問い合わせ先

一般社団法人企業研究会 倉島
TEL:03-5215-3515