NRIセキュアについて

進化するテクノロジー、多様化するセキュリティリスク、増大する企業の社会的責任

環境変化やリスクを適切に管理して事業に専念できれば、ビジネスは加速し、競争力は高まります。これを実現する世界最高水準の情報セキュリティを提供するため、NRIセキュアは、技術と知見を磨き続けています。

豊かな未来づくりのために挑戦を続けるお客さまとともに、誰もが安全に安心して、ITの魅力を自由に楽しめる社会をつくる。

これが、NRIセキュアの使命です。

NRIセキュアのミッション

世界水準の情報セキュリティで お客さまとともに 挑戦しつづける。

インターネットがようやく普及し始めた1995年、NRIセキュアテクノロジーズは野村総合研究所の社内ベンチャー第1号としてスタートしました。その後、マネージドセキュリティサービスやセキュリティコンサルティングサービス、セキュリティ診断サービスの提供などを経て、2000年にNRIセキュアテクノロジーズ株式会社を設立しました。

私たちがビジネスを開始した当初、社会におけるセキュリティの関心は決して高いとは言えませんでした。しかし、社会的なインフラとしてインターネットが普及し、ビジネスや生活との関わりが深くなるに連れ、サイバー攻撃や犯罪の規模は拡大し、悪質性も高まっていきました。

これらの脅威を排除するため、私たちはさまざまなセキュリティサービスを開発し、多くのお客さまに届けています。また、高度なセキュリティ技術を持つ企業と積極的に資本・業務提携を行い、高度化するサイバー攻撃に対抗するために陣容を拡大してきたほか、2009年に北米支店(現在は北米支社)を設立するなど、グローバルでお客さまをサポートする体制を整えることにも注力しています。

ただ、企業を狙ったサイバー攻撃は拡大し続けているほか、ITおよびインターネットの利用領域の拡大に伴ってリスクも高まり続けているのが現状です。

たとえば、さまざまなモノをインターネットにつなぐIoT(Internet of Things)はビジネスに大きな価値をもたらすと期待されていますが、ネットワークに繋がれているIoTデバイスを狙ったサイバー攻撃にも配慮しなければなりません。また、企業間の新たな情報共有のインフラとして期待されているBlock Chainにおいても、サイバー攻撃によって甚大な被害が生じる可能性があることが指摘されています。

このようなリスクからお客さまのビジネスを守るため、NRIセキュアテクノロジーズではコンサルティングから診断、監視、人材育成・研修、そしてセキュリティソリューションの5つのサービスカテゴリーで、情報セキュリティにかかわるさまざまな課題の解決を支援しています。

さらに、これらのサービスの提供を通じて培ってきたノウハウを活かし、幅広い領域のセキュリティ問題に解決するための取り組みも積極的に進めています。具体的には、昨今注目されているIoT・制御系システムや人工知能および機械学習、FinTech/Block Chain、マルチクラウドセキュリティ、GRCなどといった分野が挙げられます。

豊かな未来づくりのために挑戦を続けるお客さまとともに、誰もが安全に、安心して、ITの魅力を自由に楽しめる社会を作ること、この使命を果たすために、NRIセキュアテクノロジーズは磨き続けた技術と豊富な知見で、世界水準のサービスとプロダクトを提供していきます。

NRIセキュア コーポレートブランドマークについて

NRIセキュアテクノロジーズは、グローバルでビジネス展開をする先進IT企業として、さらに多くの方々に信頼や親しみを持って覚えていただけるように、2018年度よりコーポレートブランドマークを刷新しました。

新しいマークは、当社のミッションである「情報セキュリティによる安全で安心な環境づくり」の象徴として、両手で包み込むように守るデザインの「セキュリティ・スラッシュ」をメインモチーフに採用しています。この2本の右肩上がりの直線は、情報セキュリティでお客さまの成長を支え、ともに当社も成長するという決意も表します。ブルーの「S」は、従業員全員が大切する精神・行動「security, safety, speed, synergy, sophistication、sustainability」を象徴しています。

ブランドカラーは、アクティブで明るいイメージの「セキュアライトブルー」と、都会的な印象を持つ「セキュアダークブルー」を採用し、親しみやすさとスマートさを訴求しています。